お店のプラスチック調査2022報告

買い物は、日常生活でできる投票行動

2022年11月、京都市内のスーパーマーケット62店を対象に、「お店のプラスチック調査」を実施しました。調査票づくりでは、京都市ごみ減量推進会議の副会長でもある京都大学浅利美鈴准教授や研究室メンバーと議論を重ね、実際の調査では、市民46人(うち学生14人)の協力を得て、一ヵ月集中で実施しました。

新型コロナ感染症の影響もあり、近年、生鮮品をはじめ、お店のプラスチック包装が増えているようですが、一方、さまざまな「減らす取組」もあると思います。「がんばっている店を応援したい」とのような思いで、「お店のプラスチック調査」を実施しました。

調査では青果物売り場の「はだか売り」の現状調査をはじめ、各売場でのプラスチック削減の取組や、省エネ事例、健康を考えた商品の訴求など、多くの好事例が見つかりました。それらを少しずつ紹介していきます。

調査の結果報告その1 調査の概要

調査の結果報告その1 調査の概要

報告その2 青果物売り場のプラ包装

報告その2 青果物売り場のプラ包装前編