ミネラルウォーター、こんなに増えた!

ミネラルウォーター、こんなに増えた!
(図をクリックしてもらうと拡大します)

PETボトルの原料のPET樹脂の利用で、圧倒的に多いのが清涼飲料容器としての利用だということをお伝えしました(PETボトルの用途はほとんどが清涼飲料容器)。
その清涼飲料の中で、近年最も増加が著しいのがミネラルウォーター類だということもお伝えしました(清涼飲料で消費が伸びているのは)。

では、そのミネラルウォーター類の消費はどのように推移しているでしょうか。グラフを見ていただくと、近年の消費の伸びの著しさがおわかりと思います。1990年頃と比べて、30年で20倍。バブル景気が終わり「失われた20年」と呼ばれた時代も伸び続け、今では清涼飲料水の中で、最も売れている品目になっています。

災害時の備蓄用としての必要性もあると思います。ただ、各地自治体の水道水の品質も向上しています。給水スポットを各地に増やそうとする活動もあります(Refill Japanなど)。あとに残る大量の空き容器のことを考えれば、少しだけ暮らし方を見直しましょう。

 

データ出典:(一社)日本ミネラルウォーター協会 統計資料 ミネラルウォーター類 国産、輸入の推移より https://minekyo.net/publics/index/5/ 2021.7.17閲覧
作図 堀 孝弘(京都市ごみ減量推進会議)