廃プラの輸出先が変わった

中国の廃プラ禁輸で何が起きた

日本をはじめ世界最大の廃プラ輸入国だった中国は、2017年7月、同年末をもって海外からの廃プラ、廃家電、古紙の輸入を原則禁止することを宣言しました。それまで毎年100万トン以上の廃プラを中国に輸出していた日本は、2018年に入って行き場を失った廃プラが国内に滞留し、大きなニュースになりました。ただし、廃プラ輸出そのものがなくなったのではなく、行き先を他の国・地域に求め、今も年間80万トン程度の廃プラが海外に輸出されています。

図をクリックしてもらうと拡大します、